ご挨拶

 アールナノバイオ(株)は、国立研究開発法人・理化学研究所(理研)で研究開発された先端技術を社会実装すべく設立されました。

   最初の商品化は、独自の光固定化技術を用いたマイクロアレイ・チップ技術を用いて行いたアレルギー診断用のシステムです。41種類のアレルゲンに対するIgE抗体を、指先採血したごく微量の血液を使って30分で検出することができ、日本ケミファ(株)から医療保険収載体外診断薬として販売されています。

 このプラットホームを使って、測定できるコンテンツを増やすことにより、研究と社会実装の好循環を加速し、その拡張によって新しい医療や分析システムを実現することを目指します。

   さらに、独自の刺激応答性高分子技術や進化分子工学技術を用いて、診断や治療に使える新しい医療技術や先端技術を提供できるようにしてゆきます。

社名とロゴ

 理研は英名RIKENであることから、頭文字のRからアール、そして技術の母体となった理研の伊藤ナノ医工学研究室からナノバイオをとり、アール・ナノバイオとしました(英名:R-NanoBio Co.,. Ltd.)。ロゴにはRと、ナノのー9乗と最初の上市技術であるマイクロアレイから9つの小数点とアレイ・スポットをイメージし、躍動感があるように表現しました。